FC2ブログ
忘年会&総会の代表のコメント
DSC02843.jpg
本日行われた、飛鳥代表のコメントを掲載させていただきます。


今年、1年を振り返ってみたいと思います。
2月最初、雪が降って練習がつぶれたり、最初、波乱、ありそうな雰囲気でした。
今年の6月ですね。3回目となる、北海道遠征に行きました。
今年は、ファンキーすすきのという会場で、初めて、踊ることが出来ました。
札幌のよさこいソーランで一番にぎわっている会場ということで、本当に貴重な経験が出来たと思っています。
2日目は、雨が降ってですね。最後の演舞をキャンセルしてしまったのですが、今後の雨対策についても、考えなくてはいけないのかなと思います。
北海道終わった後ですね。実は、神奈川の○○学園というところで、小学部から飛鳥の演舞をやりたいという話を頂きまして、その連絡があって、10月に、小学校5年生と6年生が演舞をやりました。
今、練習風景などを本番までをまとめてもらっていますので、新年会の方で、ご報告したいと思いますので、楽しみにしていて下さい。
彩夏祭ですね。
皆さん、お分かりの通り、去年の忘年会でですね。
私が、ファイナルに残ってですね、受賞演舞をやりたいということで、そのために、一生懸命練習して、本番楽しみましょうと、いうことで、見事ですね、その目標を達成して、6位という結果が、得られました。
最高の彩夏祭だったと、自分なりに思っております。
その彩夏祭はこのような感じでした。
彩夏祭以外に今年の中で印象に残っているのは、ちょっと参加人数が少なかったのですが、楽農祭りの主催者さんから、60人以上の方から、元気をもらったと、すごい良かったと、そういう連絡が入ったことを聞いて、やっぱりそういうところで、僕らの価値というか、一生懸命にやって、元気を与えていくいくところが飛鳥の活動の一つと思っていますので、非常に嬉しい思いをしました。
私としては、今年は、新しいことをしましょう!
というところで、遠征班にいろいろ動いていただいて、所沢のお祭りと、先週の黒潮よさこい、これも飛鳥の新しいステップになったのかなと。
こういうことで、1年すごく充実した1年が送れたのかなと思っています。
スポンサーサイト





イベント | 20:50:33 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する